生活習慣病に繋がる脳梗塞|生活を見直して病気予防をする

ナース

脳細胞が壊死する理由とは

頭痛

動脈硬化も大きな原因

脳梗塞は脳の血管が詰まってしまい血液が脳細胞に循環しなくなったことで発症します。血液は酸素や栄養分を細胞に運んでいますが、これが滞ることにより細胞が壊死を起こしてしまいます。そのため片方の手足が動かしにくくなったり、ろれつが回らなくなったりめまいやしびれの症状が起きます。なんといっても脳梗塞の特徴は口元が大きく歪むことです。本人は意識がもうろうとしているため気づかないことが多く、この時には症状もかなり進行している状態です。脳梗塞はなるべく早く治療をしなければ生命の危険もある恐ろしい病気です。脳梗塞は動脈硬化が原因で起こる場合があり、これは悪玉コレステロールや中性脂肪などが動脈の血管を狭めることで発症します。

食生活の見直しも必要

悪玉コレステロールや中性脂肪は高血圧、糖尿病、肥満、高脂血症などの生活習慣病と関係しています。これらの病気を予防したり改善することが脳梗塞を予防することになります。喫煙や過度のアルコール摂取を控え運動不足を解消することも予防には大切です。甘い食品の摂り過ぎも中性脂肪を増やしてしまうので注意しましょう。肉や卵、乳製品などの動物性脂肪を摂り過ぎないようにすることも予防には必要です。肉より魚や食物繊維の多い野菜を中心にした食生活をすることで血液中のコレステロール値や中性脂肪値を下げられます。得にアジやサンマ、サバなどの青魚はDHAやEPAを多く含み血液をサラサラにする働きがあります。食物繊維はコレステロールの吸収を防ぎ排泄を促す作用があります。

ずっと元気でいるために

病院

脳梗塞は、水分をこまめにとって血液がドロドロにならないようにすることで予防できます。また、日頃から栄養バランスの整った食事を続けることも、血管が固くなってしまうのを防ぐことができるので、脳梗塞の予防には効果的です。定期的に内科にかかり、自分の現状の把握を怠らないようにしましょう。

この記事を読む

原因を知って対策を考える

頭を押さえる男性

脳梗塞は前兆が分かりづらく、突然死の可能性が高い病気です。一番の原因は動脈硬化であり、その動脈硬化の原因は高血圧などです。まずは脳梗塞の予防のために、高血圧による動脈硬化にならないように心掛けることが大切です。しかし、脳梗塞になる可能性はゼロではないので、前兆などの違和感を感じることも重要です。

この記事を読む

深刻な病気を未然に防ぐ策

カウンセリング

脳梗塞は命を落としたり、重い後遺症が残る恐ろしい病気ですが、予兆となる一過性脳虚血発作の段階で適切な治療を受ければ、予防することができます。そして、日常的には青魚を積極的に食べること、水分不足にならないよう、水分補給を積極的に行うことが予防となります。

この記事を読む

Copyright© 2016 生活習慣病に繋がる脳梗塞|生活を見直して病気予防をする All Rights Reserved.